豆知識

素朴な疑問!ハナユメ、マイナビウエディングの雑誌版はある?

結婚情報雑誌と言えばゼクシィ!では競合のウエディングサイト、ハナユメやマイナビウエディングも雑誌を発行しているのでしょうか?

結論を言ってしまうと…

ハナユメ、マイナビウエディングの雑誌はないです↓主要なウエディングサイトで、結婚情報雑誌を発行しているのは、ゼクシィだけです。

メインの話がいきなり終わってしまいましたね。。。

ここからは、ゼクシィ以外の結婚情報雑誌を見たい人向けに、おすすめの選択肢、ウエディングサイトとの使い分け術を紹介していきます。

他の記事もご用意

何がある?ゼクシィ以外の結婚情報雑誌

そもそも結婚情報雑誌の魅力って何?

手の中のハート

結婚情報雑誌は、式場案内、準備のハウツーがまとめられた雑誌です。中でも一番人気なのがゼクシィです!

プロポーズされたらゼクシィのキャッチコピーは、あまりにも有名。多くの人がまずゼクシィを見たのではないでしょうか?

わたしも結婚式をすると決めて、ゼクシィ含め結婚情報雑誌を何冊か買いました。今も本棚でかさばっています(笑)。

ゼクシィ以外の雑誌とは?他の選択肢を知る

お待たせしました!結婚情報雑誌、3つの魅力を説明していきます。

結婚式場の情報収集ができる

結婚情報雑誌は、ページをペラペラめくりながら、直感的に式場を探せるのが魅力です。

式場の写真やこだわりポイント、料金目安、アクセス、ブライダルフェアの日程をまとめてチェックできて便利です。

気になる挙式、披露宴会場はどんどんマークしましょう。ページを折ったり、付せんを貼ると、後で見返しやすいです。

指輪やドレス探しにも使える

結婚情報雑誌は、式場以外の案内も満載です。指輪やドレスショップ、ブライダルエステ、前撮りのスタジオも探せます。

また、ドレス特集は要チェックです。流行も分かって、ヘアメイクやネイル、ブーケなどドレスコーデの参考になります。

ゼクシィアプリも便利、最新トレンドをチェック!

結婚式準備のキホンが分かる

結婚情報雑誌は、お役立ちコンテンツが満載です。1冊買っておけば、婚約から結婚式までのダンドリがばっちり分かります。

結婚式を成功させるためのアイデアが盛りだくさんです。先輩カップルの体験談、見学や見積りのコツは、特に勉強になります。

ゼクシィは付録も魅力的!

ゼクシィには毎号、付録があります。キュートなデザインの婚姻届、人気キャラクターやブランドとのコラボグッズ、いろいろな付録がもらえて、得した気分です♪

いつ買うか迷ったら、付録で選ぶのもありです。ちなみに、年2回(5月号と11月号)だけ、彼専用ゼクシィが付いてきます。彼の気分を盛り上げる小道具にどうぞ!

ゼクシィ最新号をチェック!今月の付録は何?

ゼクシィ以外の選択肢は何があるの?

結婚情報雑誌

繰り返しになりますが、結婚情報雑誌と言えばゼクシィです。ただ、ゼクシィ以外の選択肢はもちろんあります。

例えば、ホテルウエディング、ラグジュアリーウエディング、和婚、ドレスやヘアスタイルの専門雑誌、ムック本。

わたしも何冊か買ってみました。専門雑誌はけっこういい値段なので、今考えると少しもったいなかった気がします。

リゾートウエディングを計画しているなら、ゼクシィ海外ウエディング、ゼクシィ国内リゾートウエディングで情報収集するといいです。

専門雑誌は、式場やドレスショップにも置かれています。わざわざ買わなくても、店舗へ行った時に見れば充分です。

雑学:結婚情報雑誌の歴史は?ゼクシィの歴史?

1993年5月に首都圏版が創刊。その後日本全国に展開され、2013年時点では20の地域版が出版されている。

>>>以下省略

『ゼクシィ』創刊以前は「冠婚葬祭で費用を削るのはよくない」という風潮があり、ホテル・式場はそれに乗して莫大な利益を上げていた。そんなブライダル業界に風穴を空けることで、読者の圧倒的な支持を得たと言える。

引用元:ゼクシィ – Wikipedia

雑誌とウエディングサイトの使い分け術

MacBook

結婚情報雑誌は情報収集、ウエディングサイトは見学会やブライダルフェアの予約で使うのがおすすめです!

結婚情報雑誌は、結婚式のダンドリをチェックしたり、気になる式場をピックアップするのには向いています。

ただ、電話での見学予約、ハガキでの資料請求は面倒くさいです。。。

ウエディングサイトの方が圧倒的に楽です。いつでも好きな時間に、見学会やブライダルフェアを予約できます。

ウエディングサイトの利用ガイド

さらに、ウエディングサイトはキャンペーンが充実しています。結婚情報雑誌の懸賞キャンペーンより、魅力的な内容です。

キャンペーンに応募してから、見学会やブライダルフェアを予約すると、最大5万円相当の商品券がプレゼントされます。

わたしも結婚情報雑誌で、まず候補会場をピックアップしました。その後、ゼクシィとハナユメのサイトで見学予約しました。

結婚情報雑誌とウエディングサイトを賢く使い分けて、結婚式準備をスムーズに進めましょう!

Amazon:結婚情報雑誌をまとめてチェック

公開日:2017/02/20  更新日:2019/03/19

関連記事

  1. 雑誌を読むカップル

    豆知識

    結婚式場選びは準備が大切!見学前に5つの希望や条件を決めておくと迷わない

    結婚式場選びをはじめるにあたって、何か事前準備は必要?そんな人向けに見…

  2. マイナビウエディングのロゴ

    豆知識

    便利!マイナビウエディングサロンは、電話やメールでも相談できる

    結婚式場が決まらなくて困っている!誰かにアドバイスを聞きたいけど、相談…

  3. ブタの貯金箱にコインを入れる女性

    豆知識

    ゼクシィ、ゼクシィ相談カウンター限定の割引や特典はあるのか?

    ウエディングサイト、カウンターによっては割引や特典があります。ゼクシィ…

  4. タブレットを使うカップル

    豆知識

    会場見学の順番は?第一候補はあえて最後!見積りに慣れてから値引き交渉

    希望の結婚式場が見つかった。早速、見学会やブライダルフェアに参加するつ…

  5. マイナビウエディングのロゴ

    豆知識

    結婚式タイプ別!マイナビウエディング提供サービスの使い分け術

    マイナビウエディングって何!?どんなサイトなのか、どんなサービスを提供…

  6. 相談するカップル

    豆知識

    結婚式相談カウンターを使うべき?メリットとデメリットを検証

    結婚式相談カウンターを使うか迷っている。そんな二人に向けて、結婚式相談…

プロフィール

プロフィール画像

まみたす@新米ママブロガー

おととし夏に、地元の老舗ホテルで結婚式を挙げました。結婚式場探しでは、ゼクシィとハナユメ(その時は、すぐ婚navi)を使いました。


当ブログ「結婚式場探しのコツ」では、わたしの経験をもとに「こうすると、いいよ!」という、会場選びのお得、お役立ち情報を紹介しています。


2018年1月に、月間2万PVを達成しました。「結婚式場探し おすすめ」などで検索1位も獲得。みなさんのステキな結婚式を応援しています!

おすすめ記事

人気情報

  1. ゼクシィのロゴ
  2. ハナユメのロゴ
  3. マイナビウエディングのロゴ
お得すぎる♪キャンペーン総まとめ。ブライダルフェアに参加して商品券GET
PAGE TOP